味噌はお肌を綺麗にします

味噌汁の正しい食べ方

それは、ねこまんま法です。
きっと先に味噌汁を一口飲んで、それからご飯を一口。
そして味噌汁の具と汁を代わる代わる食べては、またご飯へと言うのが正しい味噌汁の食べ方なのでしょう。

少し大きめの茶碗を用意し、ご飯を盛ってそこに味噌汁をかけるとそこに完成するのが味噌汁丼になります。
これがベストな味噌汁の食べ方だと思ってます。
トッピングに鰹節もいいですけど、バターをちょっとだけ効かせると風味が増します。
ゴマのあるなしは全く風味が違うと言う人もいるようです。
いかにも一つの料理が出来上がった感が出てきます。
海苔を載せてもいけます。
ラーメンの海苔と同じで、少しだけご飯を巻いてバリバリと噛んで、残りは置いておくとすぐに汁に溶け込んでしまいます。

ねこまんま法は、人前では無理な食べ方です。
昔、ラーメン屋で残ったスープに一緒に出ていたご飯を入れて、すすりこんだ時に怒られたのを思い出します。
外食屋さんでは、誰が見るはずもないのですが、やっぱり人目が気になって出来ません。
マナー違反になるのでしょう。これも世間常識の一つなのでしょうから、人前ではお行儀良く食べてます。
その分、家では家ならではの解放感を味わえる食べ方でもあります。